ホタルの三日坊主

のほほん、きままに、日常をつづってみる
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポン・デ・Jr. | main | コカ・コーラのビーサン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
ゲキ×シネ「蛮幽鬼」試写会
JUGEMテーマ:邦画



昨年、上川隆也さん、堺雅人さんらが演じられた舞台
「蛮幽鬼」が、10月より映画館で観られることに!
一足お先に試写会にて観てきました。

映画はよく観ますが、舞台とか演劇に関しては
ほとんど無知状態の私。
3時間と長いし、話についていけるだろうか・・・と
少々思いつつ観始めましたが、
そんな心配は無用でした。

お話はわかりやすく、
友人に裏切られて10年間監獄生活を
送っていた主人公(上川さん)が、
殺し屋(堺さん)と手を組んで脱獄し、
復讐していくというのがメインのストーリー。

しかし、笑いながら人を斬る殺し屋が
ストーリーの重要なカギを握っており、
「何かあるな?」と思わせてくれます。
この役は常にほほえみ顔の堺雅人さんしか
考えられないですね。

とてもテンポが良く、殺陣のシーンもかっこいい。
舞台で観たら臨場感があるのだろうけど、
役者さんの細かい表情や顔の汗など・・・
映画館の大きなスクリーンで観るからこそ、
気づくこともあります。

途中、観客に向かってコール&レスポンスを
はじめちゃったり、笑える場面もたくさんあって
意外でした。

久々に稲森いずみさんを観ましたが
綺麗でした。テレビドラマのイメージしか
なかったのですが、すっかり舞台女優の顔に
なってました。

そして、稲森さんを護衛する役を演じられた
早乙女太一さんも素敵でした。

舞台で観られた方がもう一度観ても、
初めて観る方でも楽しめるゲキ×シネ。
「蛮幽鬼」おもしろかったです!
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hotaru2006.jugem.jp/trackback/396
この記事に対するトラックバック
試写会で見ました。休憩がある映画は2度目です。映画っていうか劇ですが。お話は、留
ゲキ×シネ 『蛮幽鬼』 | うろうろ日記 | 2010/09/30 10:54 PM
RECOMMEND
elementary
elementary (JUGEMレビュー »)
ほたる日和
季節は通り過ぎるけど
君たちの笑顔は残るよ
ずっと ずっと 消えない光
RECOMMEND
LUCKY STAR
LUCKY STAR (JUGEMレビュー »)
GOING UNDER GROUND
君が世界のまん中だった
その隅っこで僕は生きていた
RECOMMEND
RECOMMEND
COMPLETE SINGLE COLLECTION 1998-2008(初回限定盤)
COMPLETE SINGLE COLLECTION 1998-2008(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
GOING UNDER GROUND
10年分のゴーイング♪
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
シカゴプードル
メロメロパーク
一日一善。クリックで募金
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS